スポンサーサイト

  • 2019.09.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    これは念仏者だわ…「話し合い」

    • 2014.04.07 Monday
    • 20:59
    Aちゃんは昨年8月に福島からお母さんと2人で避難移住した14歳の女の子です。
    何回も光円寺へ保養に来てました。
    今年は保養に迎えるスタッフをやってくれました。
    お布団の準備や掃除をしたり、
    最近まっくろくろすけhttp://www.geocities.jp/makkurohp/index.html
    に行き始めていたので、
    まっくろとの連絡や案内を引き受けてくれてたいへん助かりました。

    学校とまっくろの経験から分かったことを話してくれて、
    感動したので文にすることをお願いしました。
    ありがとうAちゃん!
    デモクラティックスクールhttp://democratic-school.net/
    というものがどういうものなのかも、
    Aちゃんの言葉で明らかにされた気がします。

    平和ってどういうことかもね。


    話し合い


    世界にはもっと話し合いみんなが納得するようなベストな答えを導きだすということが必要!!
    ということが最近やっと分かりました。

    私は、約8年間学校に通っていて、そして今デモクラティックスクールに通い
    学校とデモクラティックスクールの大きな違いが見えてきました。

    その中でも、一番の大きな違いは、『話し合い』です。

    学校での話し合いは、賛成と反対に分かれ、おたがいを否定し、こうげきし合う感じです。
    そして、結果答えが出ずに
    先生がその答えを決めてみんなをしたがわせるというような、話し合いです。

    でも、デモクラティックスクールは、そんな感じではありません。
    賛成と反対に分かれるのではなく、相手の意見も受けとめ、
    それをふまえたうえで自分の意見を言うのです。

    私は、最初それを見た時、スゴイなぁと思いました。

    学校では、自分の意見を相手にぶつけ、やじをとばし合い、おたがいを傷つけ合う。
    そして、その話し合いの時に傷つけられた心はずっとそのままで
    プライベートなところまでえいきょうしイジメなどにはってんする、
    それが今の学校の現状です。
    デモクラティックスクールでは、一切イジメなどはありません。
    それは、みんなで話し合ったことだからきまりを守ろう!などとなると私は思います。 

    ほとんどの人が学校というせまい社会におしこめられて
    大人になっていくのですから
    それでは、世界は悪くなる一方だと思います。
    みなさんも、一度は国会中継を見たことがあると思います。
    その国会中継を見るたびに私は、大人なのにまともな話し合いができないのか!
    やじばっかりとばして、
    こんなの国民に見せてはずかしくないのか?
    と思っていました。

    でも、今は、議員さんとかは、
    せまい社会でしか生きてこなかった人間だからしょうがなかったのか。
    と思いはじめています。
    だって、相手の意見を受けとめる話し合いというものを知らないのですから。

    学校でそういう教育をし、
    自分の意見をもたせない、
    個性をなくすそれが今の日本の教育現場です。

    そして、そういう子供が大人になれば話し合いもまともにできなくて、
    国のいう通りにし、
    世界が壊れるのです。

    私は、そういう世界は大キライです。
    なぜ、みんなで話し合い、答えを導けないんだろう。
    日本は本当に戦争はないと言いきれるのだろうか。
    見えないところで戦争がおこってるんじゃないか。
    そんなことを考えてしまいます。

    私は、学校に通ってる時は、先生の言うことを聞き
    自分の意見を言いませんでした。
    自分の意見を言えないんじゃないんです。
    言わせないんです。 
                   
    でも、自分がデモクラティックスクールに通うようになり
    今までの生き方は
    自分が求めていたものじゃないなと思いました。

    そして、今は相手の意見を受け止め、
    それをふまえて自分の意見を言おうと努力しています。
    でも、時々相手の意見を否定してしまいそうになります。
    学校の方が長く通っていたので。

    そう思うと学校のえいきょうって強くて怖いと自分でも今実感しています。

    私達は、日々話し合いの中に生きているんじゃないかと思います。
    みんなが、ちゃんと話し合えば、戦争、原発、イジメ、飢えにだって苦しまなくてすむと思います。

    そのためには、学校で相手の意見を尊重する話し合いというのを
    教えていかなければならないと思います。

    そして、まずは、学校教育の本来のあり方というのをみんなで考え
    みんなで学校教育をたてなおしていかないとと思います。
    学校教育の本来のあり方をみんなで考えるためにも
    『話し合い』が必要になってきます。

    やっぱり、人はいろんな人とつながりいろんな人と話し合うからこそ生きていけるし、
    平和な世界になると思います。

    私は、今の世界がキライです。
    なんでも隠そうとする。
    それが、すごくイヤです。
    原発のこともホントの事を伝えようとしない。
    戦争のことも、戦争がおきている地域での間での問題としかみんなとらえていない。
    イジメも、いじめられる方が悪いと考える。 

    今の社会はおかしいと思う。
    まだ子供だからとかそんな事にこだわらず今自分のできることをしていきたい。
    そして、最終的には、今の世界を変え平和な世界にしたい。

    みなさんにも自分の問題として
    せまい社会にとじこもらずにもっと自由な社会で自由に話し合い、
    答えを出し平和な世界になるように協力してほしいです。  

     おわり
     

    平和とは自分の生き方のまわりに拡がっていくものではないかと思います。
    このAちゃんの言葉を胸に抱いて
    この絶望の世界のただなかに
    つながっていきていきたい
    と思います。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • なかにし礼さんが詩 若者よ、戦場へ行くな
      もり (05/25)
    • Sくんが教えてくれたこと。。。脈を数える
      sachi (02/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM