「悪口」は言った人のもの

  • 2015.02.08 Sunday
  • 14:25
人に悪くいわれることで
心が苦しくならないように
こんな物語を心に刻んでおこう




お釈迦さまと悪口男の物語               

 
あるところに、

お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、

ひがんでいる男がいました。


「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」


男はそう言いながら、

お釈迦様をギャフンと言わせるための作戦を練っていました。



ある日、その男は、

お釈迦様が毎日、同じ道のりを散歩に出かけていることを知りました。

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、

群集の中で口汚くお釈迦さまをののしってやることにしました。


「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、

汚い言葉で言い返してくるだろう。

その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて、

アッという間に崩れるに違いない」

 
そして、その日が来ました。

男は、お釈迦さまの前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。


お釈迦さまは、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。


弟子たちはくやしい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいて

いいのですか?」とお釈迦さまにたずねました。

それでも、お釈迦さまは一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。


 
男は、一方的にお釈迦さまの悪口を言い続けて疲れたのか、

しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、お釈迦さまは一言も言い返さないので、

なんだか虚しくなってしまったのです。

 
その様子を見て、お釈迦さまは、静かにその男にたずねました。

「もし他人に贈り物をしようとして、

その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」

 
こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。

「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。

 わかりきったことを聞くな」男はそう答えてからすぐに、

「あっ」と気づきました。

 
お釈迦さまは静かにこう続けられました。

「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。

 でも、私はそのののしりを

少しも受け取らなかった。

だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」



変わりたいあなたへ33の物語(集英社)より


「他民族」「他文化」「他宗教」へのヘイトスピーチによる、

争いへの方向付けに注意を。

 
 
 
 クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • なかにし礼さんが詩 若者よ、戦場へ行くな
    もり (05/25)
  • Sくんが教えてくれたこと。。。脈を数える
    sachi (02/12)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM