スポンサーサイト

  • 2015.11.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ウィズキッズ通信から

    • 2014.04.08 Tuesday
    • 23:55


    bbagaffh.png
    jdfaadhc.png


    さすがまっくろ!トランポリン!  
    ウィズキッズ通信より
    後藤由美子




    http://www.geocities.jp/makkurohp/index.html



    まっくろ家ありがとう!今年も放射能をきにせずに遊ぶ
    「お寺で遊ぼう2014春の保養」でまっくろ家に遊びに来ました。

    子どもたちがやってきたのは、3月26日から4月5日まで、
    4歳から11歳の6人と3人のママです。

    まっくろが春休みなのでトランポリンを目当てにまっくろ家へやってきました。

    ところがトランポリンが少し痛んでいて出来ませんでした。

    直すのも難しくてあきらめていましたが、
    4月からまっくろが始まって、
    直してくれ、
    帰る直前に飛ばせてもらえました!

    難しい修理なのにメンバーの慣れた人が直してくれたとのこと。
    さすがまっくろやなぁ!
    さすがトランポリンやなぁ!と思いました。
    ありがとう。

      保養は、毎日ミーティングで食事、配ぜん、そうじ等の当番や予定を決めて、過ごします。
    今回大きい子たち3人は参加。司会や記録もしていました。



    fcaheadc.pngお花見中
    hahedfbj.pngミーティング中
    いつもできない外遊び、まっくろ家の環境でゆっくり遊べたらね。
    光円寺でもよもぎもつんでホットケーキにしてお花見しながらいただきました。
    お天気にも恵まれて本当に感謝でした。
     
    放射能汚染を受けた土地で暮らすのはどういうことなのか・・・。
    それは大きく二つの方向に分かれます。
    (射能は危険だから防御する。
    △發Π譴弔牢躙雲を知らない(知っても気にしていられない)で普通に暮らす。

    ほとんどが後者です。

    見えない、痛くない、臭わない放射線。

    危 険だから「放射線管理区域」というものが、厳密に法律で決められて
    、出入りに制限が加えられるのではないのでしょうか。

    年間で決められていた、ここまでは許容範囲とされた
    被曝線量年間1ミリシーベルトという基準が、
    福島原発事故後なんと20倍の20ミリシーベルトに上げられてしまいました。

    え〜?なんで?これまで危険だったのがいきなり大丈夫って!
    これは日本全国の問題なのです。
    「国の基準」ってそんなに簡単に代わってしまうんだ・・・。
    そうだったんだ。

    特に小さい子には放射線の影響は大きいそうです。
    成長中の子どもを持ったお母さん達が不安に思うのも無理はない。
    防御しないでいいのだろうか・・・。
    でもそれをするのはとっても難しい。

    ・・・外で遊ばない。
    何でも食べずに汚染のないものを選んで食べる。
    洗濯物も外へ干さない。
    外へ出る時はマスク。公園でも遊ばない。
    学校でも校庭での体育やプールは参加しない。・・・・・・・・・!!!

    そんな生活どれだけ大変でしょう。だからと言ってそうしなければ被曝し続ける。
    外部被曝はもちろん、呼吸と食べ物で内部被曝はたまっていく。
    この矛盾と葛藤!

    そんな中で今公立学校では、放射線教育がはじまってます。
    放射線の影響は、大々的な調査がされていないし、調査した学者たちの間でも議論があり、
    安全だという答えは出ていません。

    それなのにこれくらいなら安全ですと公教育で教育するのはおかしいことじゃないのでしょうか・・・。

    子どもたちの遊びを奪う、もしくは健康を奪う放射能汚染は、
    東北から関東まで広範囲に広がり、
    食べ物や肥料飼料で全国に拡散中です。

    このまま拡散を続けたら、全国が汚染されていく。
    皆で気がついて声を上げていかなければこの流れは止まらないでしょう。

    チェルノブイリでも5〜6年後に被害が目に付き始めてから、
    人々が声を上げて国を変えたそうです。

    でもでも、そんな犠牲を待つことなく、
    もうすでにそういう事実があるのだから、
    その犠牲を無にすることなく、
    辛いことに心を開いて、
    学びたいです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • なかにし礼さんが詩 若者よ、戦場へ行くな
      もり (05/25)
    • Sくんが教えてくれたこと。。。脈を数える
      sachi (02/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM