スポンサーサイト

  • 2019.09.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    いまだ宮深き牢獄の中

    • 2018.05.03 Thursday
    • 22:00

     

    「イダイケ」問題に取り組む

              釈 惟蓮

     

     

    いまだ宮深き牢獄の中―序―                                                  

                釈 惟蓮(後藤由美子)

     

     

     イダイケ夫人をご存知ですか?

     

     お釈迦様在世の折に、お釈迦様を擁護した王にビンバシャラという人がありました。その妻、王妃がイダイケ夫人です。息子アジャセがクーデターを起こし、王を牢に閉じ込め餓死させようとしました。それを助けるためイダイケは、門番の目を欺き牢に食料を運び、王のいのちをつなげ続けました。それを知った息子は激怒し、母に刃を向け殺そうとしたのです。息子は家臣に止められ母を殺すことは思い留まりましたが、イダイケを宮深き牢に入れました。息子が夫を殺すということが、妻であり母である女性にとってどういうことなのか、少し想像してみて下さい。息子に刃を向けられ、殺されそうになるとはどういうことが想像してみて下さい。どのような驚きと悲しみと、恐怖のただ中にあって、救いを求めたのか、少し思いを馳せてみて下さい。最高の権力を持っていて、それを使う男性たち…夫、息子の間にあって、三従を求められる女性がどのような生き方をしていたか少し想像してみて下さい。 

     

     イダイケは「愁憂憔悴(しゅううしょうすい)」「悲泣雨涙(ひきゅううるい)」し,牢から助けを求め、お釈迦様に会った時、自ら瓔珞(ようらく…身につけた飾り物)を引きちぎって「私は何の因縁があって、この悪い子を産んだのか!お釈迦様は何の因縁があってあのアジャセをそそのかしたダイバダッタと身内なのか!」と身をあげて地に投げ出し、号泣して仏に向かって言ったのです。浄土真宗正依のお経の一つである観無量寿経(観経)は、そのイダイケに向かって説かれた仏の教えです。

     

     

     浄土真宗では、この言葉は古来イダイケの愚痴ととらえられて来ました。それに先立って語られるのがアジャセ出生の秘密でした。「ビンバシャラとイダイケの間にはなかなか子どもが産まれず、王が占い師に占わせると、山に住む仙人が3年後に死んで王の子として生まれ変わると告げられました。王は仙人に死んでくれと頼みましたが断られ、待ちきれず仙人を殺してしまいました。やがてイダイケは身ごもりましたが、再び占い師に占わせると、やがて王を殺す子になると言われました。不安に陥った王は、産まれるときに高楼から産み落とし子どもを殺すことを考えます。イダイケもそれに従い高楼から産み落としましたが、小指を折っただけでいのちが助かり、育てられたのがアジャセです。」という物語です。

     

     この話を聞くと、まさにイダイケの言葉は愚痴になるから不思議です。二つはセットで語られ、話はイダイケの苦悩からシフトします。その話を聞いたときから、イダイケの苦悩に思いを馳せることをしなくなるのです。そんなことやったのか…、それを忘れて文句を言っているのか…、と、愚痴説に納得してしまうのです。そしてもう一つセットになるのが、自絶瓔珞。この期に及んで身を飾り、体裁を保とうとすることを自ら絶ったということだと解釈されてきたと思います。あなた方もネックレスとかイヤリングとかするでしょう、ああいうものをブチって絶って仏法を聞くんですよと聞いて来たことが耳に残っています。なるほどなるほど、イダイケは凡夫だなぁ….私たちも凡夫だなぁ…。

     

     でもそこに違う要素があることを教えられたのは、女性の視点で観経を読む会を重ねられた方のお話でした。それは、「瓔珞」を詳しく調べると、当時のインド社会に於いて身分を表すものであり、今現在の女性のアクセサリーとは意味合いの違うものだと、イダイケの引きちぎったものは身分社会の桎梏だったのではないのか?とのお話でした。

     

     この部分に関しては、善導大師の観経疏を見て驚きました。イダイケがなぜ自ら絶ったのかということについて、王妃だから身の回りのことは人にやってもらっていたから、外し方がわからなかったから…とのこと。正信偈に仏の正意を明らかにしたと謳われ、善導大師の観経解釈は今に至るまでそのまま受け継がれています。イダイケの叫びを愚痴と表現したのも善導大師です。2011年2月に東本願寺出版部から観経では初めて出版されたという「観無量寿経の教え」(四衢亮氏著)もまさに愚痴ととらえ話は展開されています。この中でショッキングなのはイダイケを子殺しの実行犯と断じていることです。(p.74) これはおそらく四衢氏に限ったことではありません。これまですべて,今に至るまで、ほぼすべて男性の視点でお経は読まれて来て、皆それを受けいれ、語り、伝えて来たのです。女性もそれを聞いて納得してきました。なぜなら女性という性に「自ら」観無量寿経を読み解くだけの機会が訪れなかったから、それが女性の置かれた境遇だったというわけです。  

     

     これまで語られてきたことを否定するわけではありません。そういうイダイケであったかもしれない。しかしそうでないかも知れない。事実は判らないはずです。そういう視点で、ごく当たり前にある可能性の一つをこれから語ってみたいと思います。

     

     

     イダイケは王妃でした。だからたくさんの人にかしずかれていたかもしれません。しかし王との関係はどうなのでしょう。以前「親鸞会」(チューリップ企画)の作ったアニメビデオを見ました。それには、まるでイダイケがアジャセ出生の秘密を作った張本人の様に描かれていました。自分の立場を守るため、こどもの欲しかったイダイケが王をそそのかし、仙人を殺させた挙句不安になって、今度はこどもを殺そうとする。王は終始翻弄されているものとして描かれているのです。それはあってもおかしくない話で、そこから展開される凡夫の救いとしては納得しやすい物語として仕上げられていました。しかしその根拠はどこにあるのだろうと、深く疑念を感じます。親鸞聖人の「教行信証」によれば、出生の秘密が書かれたお経「涅槃経」にはそんなことは描かれていません。観経疏にもそこまで書かれていません。根拠があるとすればそれを作った人の色眼鏡くらいでしょうか。

     

     しかしそれと遠からず真宗大谷派の中で語られてきたイダイケ像もまた歪んでいるのではないのかと思います。男性の視点だけで読み解かれてきたのですから、男性というバイアスがかかっていると考えるのが自然なことです。

     絶対的な権力を持った王である夫との力関係の中で、イダイケは王に逆らうことが出来たのでしょうか?まことしやかに語られる「出生の秘密」は、他にも違う説があるくらいです。少なくとも観経には語られていないのです。お経に語られていないことをいつもいつも持ち出して解釈しているのです。そんなに大事なことならお経に語られているはずではないでしょうか?

     

     それでも、もしその話が本当だったとして、そういう力関係の中で主体的に生きてはいなかったイダイケは王の力に翻弄される存在ではなかったのでしょうか?あとつぎを産むことを第一と考えられる立場でこどもが出来なければさぞかし様々な努力が強いられ,自らしたことでしょう。占いに翻弄されて人殺しまでしてしまう王のもとで…。

     

     この物語を聞く人は、まさか本当に仙人が生まれ変わって来たと思いますか?今までその辺が語られることはまず無かった気がしますが。観経疏には仙人殺害の日の夜に懐妊したとあります。妊娠がわかるのはそんな急激なものではありません。そういった中でたまたま身ごもったと考えるのが順当なことです。懐妊の喜びもつかの間、再び占い師の言うことを聞く王の不安から恐ろしい提案がなされるのです。高楼から産み落とせなどと言われ、イダイケはどれほど驚き、悲しんだでしょう。わが身の中にはぐくまれるいのちを抱え、どのような思いで十月十日を過ごしたのでしょうか。しかし自分にとって絶対者である王を殺すかもしれない子を産むことを、望むことが許されるでしょうか?「可」とする以外どのような道があったというのでしょう。イダイケは自身自分の葛藤を押し殺し、理想的な王妃として振る舞ったとも思われます。王の寵愛を受け続けなければならないのですから。いつもいつも傍らに生きる存在「傍生」(畜生)。

     

     出産は激痛に見舞われ、命に関わる一大事であり、そのただ中にイダイケが自らどのように高楼の窓際に陣取ったというのでしょうか。自らできない場合どうしたのでしょうか。…想像に耐えない、おぞましい、暴力に翻弄された女性の出産光景が現れるのです。真宗大谷派ではこの女性を「子殺しの実行犯」というのです。

     

     そしてそれはおそらく出産を知らない者だけで行われたのでしょう。なぜなら子どもは胎盤から延びるへそのにつながって生まれ出るのですが、こどもを育てた胎盤は母の体にしばらくはつながったままなのです。宙ぶらりんになれば壮絶な痛みとショックが母と子にあるでしょう。苦しむイダイケを見ていた者は…それは王であったのか、侍女であったのか…あわてて、子どもをたぐり寄せたのかもしれません。それとも、落ちたとすればその胎盤がクッションになって助かったのかもしれません。命のつながった子を抱きしめたイダイケから、その子を取り上げることはもうできなかったでしょう。いずれにせよ母の体はぎりぎりのところで我が子を守ったと言えます。こんなことを考えていると、身の内からこみ上げてくるものがあり、想像に堪えません。イダイケという女性がこんな経験をしたのであれば、本当に痛ましいことです。

     

     その我が子を抱いたイダイケがその後、王と息子の間にあって、その関係にどれ程配慮し、間を取り持つ努力をしたか想像に難くありません。アジャセもその微妙な空気を感じて成長したことでしょう。それでも息子が40歳になろうとするまでなんとかことなきを得たのです。それをこんなふうに覆された大きな要因はダイバダッタという存在です。加えて世間というものかもしれません。息子は恐ろしいことを実行してしまったのです。イダイケは「恭敬(くぎょう)する」王のためにできるだけのことをしました。身を清め、蜂蜜で練った粉を体に塗り、「瓔珞」の中に葡萄の漿を入れて、看守を欺き牢の中の王のもとへ運んだのです。その三週間はどのような日々であったでしょう。後ほど自ら絶ったその「瓔珞」がこの時そういう形で使われていたことは、ますます「自絶瓔珞」の意味を深いものにしている気がします。

     

     しかしそれを知った息子は激怒し、母のもとへ駆けつけ髪をつかんで引き回し、母を殺そうと刀を抜いたのです。怒りのかたまりになった男の暴力にどれ程恐ろしい思いをしたでしょう。しかもそれは大切に育てたわが息子です。そのショックたるや想像を絶するものがあります。しかもアジャセが母を殺すのをやめたのは、親子の情ではなく、家臣の、身分の掟を破ることであるという言葉によってなのです。アジャセも完全な身分社会に組み込まれた男としてイダイケの前に立ち現れたのです。三従の女性は夫亡き後は息子の言うことを聞くべきなのです。そのような形で自分の力を使うことは許されないのです。まさに今の主人は息子なのです。従うべきものに従わなかったことは、まさに母でさえ「賊」と呼ぶべきこと。イダイケはそういう世界にいたのです。 

     

     愁憂憔悴、悲泣雨涙の中にあってさえ、遠慮してお釈迦様ではなくお弟子さんに来て欲しいと言ったのかもしれないが、先の本では「お釈迦様は偉すぎるから、ちょっと慰めてもらうにはいい相手ではない…,お弟子さんにそれを求めた…」と解釈されている。ところがお釈迦様はイダイケの意を汲んで自らイダイケのもとに現れたのです。それはまさに心動かされる出会いだったに違いありません。身分や価値の中に自らを縛り続けた象徴である瓔珞をまず、引きちぎったということがどういうことであったのか、よく感じてみたいものです。

     

     善導大師によってイダイケ像が変わる時、それまで観経で聖道の諸師の説いてきたこととは違ったことが明らかになったのです。であるとすれば、やはりイダイケ像が変わることで,また違ったことが明らかになるのではないでしょうか。

     そして、それはこれまで語られてきたことに一つの位置が与えられるということではないかと思います。女性の視点で観経を読むことによって、その位置を少しでも明らかにできればと思います。 

                 

                 2011.3.11 

     

     

     

     

    いまだ宮深き牢獄の中――本文1――

     

     

     序文を書いてからもうすぐ3年が過ぎる。2011年3月11日東日本大震災のまさにその日、序文を書きあげてから、開かれたのはパンドラの箱だった。それまでの幻想は一つひとつ羽が生えたように箱から飛び出して行きつつある。最後に残った紙切れに書かれているであろう「希望」にはまだ行きつかず、絶望への道すがら、いまだ宮深き牢獄に閉じ込められた、女性の姿はベールの向こうにある。

     

     なぜこんなに、被害者への共感が少ないのかと不思議に思う。私たち一人ひとりに封印されたのは被害性なのではないのか?と感じている。被害者が見えない(…隠される)現実を見てそう思う。被害の痛み、回復することのない過去、決して返りはしない持っていたもの。自分より力の強いものに、自分の世界が壊されるという、個々の被害性の身を通した現実認識。痛くて、怖くて、悲しくて、腹立しい。それを味わわなければならない経験だ。感情が表わされるには受け止める人がいるが、理不尽な暴力を正すことのできない差別社会では、ほとんどそんなことはないから、感情は凍りつくのだろう。淡々とその経験をしまい込み忘却の闇の中にそっと置けば、それは消えてなくなるのだろうか・・・?

     

     観無量寿経においてイダイケとはどういう存在なのだろう。聞いてきたのは「愚痴の凡夫」だ。しかし凡夫にもいろいろな立場がある。事件があれば加害者、被害者がある。イダイケはどちらなのだろう。大谷派では彼女をわが子を殺そうとした実行犯としてとらえ、その自らの罪を忘れ、お釈迦さまにさえ文句を言う凡夫としてとらえ、その加害性、傲慢、愚かさをベースに話は展開されてきた。

     

     しかし彼女に被害性はなかったのだろうか?序文で述べたように違ったイダイケ像を持ってみるときに、本当は存在するが、まだそれが認識されず語られていないと考えるのは、それほど突飛なことではないのではないだろうか。

     

     まず、観無量寿経には、彼女の被害者性が語られていないのだろうか?否しっかりと語られている。夫が息子に殺されかけており、自分も息子に殺されかけ幽閉されるという悲惨な状況が説明されているのだ。序文でもふれたが「出生の秘密」は観無量寿経には説かれていない。それはなぜなんだろう。大事なことであったら語られたのではないのか。もしその時のことが事実であるとして、イダイケが、やっと授かったこどもを自ら殺したいと思うのかどうかよく考えてみなければならない。何か事情がない限り、我が身の内に育まれる新しいいのちのうごめきを愛さない母体はないだろう。それでもそうさせたなら、王の命令がいかに非情なものであったか想像してみなければならない。その非情な命令のもとで、彼女は何らかの形で必死にわが子を助けようとしたとも考えられる。数十年後、幽閉されたビンバシャラに対するイダイケの行動を見れば優に想像できる。

     

     しかし女性は三従である。父、夫、息子に従うものなのだ。…その時すでにイダイケにとって命令を受くべきは息子のアジャセとなっていた。しかしそれに抵抗し、体中に食べ物を塗り、必死にビンバシャラを助けたというすごいアイディアの持ち主だ。王の命令は絶対だから、正面から抵抗できない彼女は、あの時も今回も、何とか工夫したのだ。それがいのちを奪おうとする者に対する彼女の「抗い」なのだ。もし彼女が抗わなければ、そもそもアジャセは育っていない。王も幽閉されたらさっさと死んで、アラカンになどなってはいない。よって観無量寿経は語られていない。イダイケは子殺し未遂実行犯などではなかったかもしれない。暴力の合間を縫っていのちを守ろうとした存在だったのではないのか?

     

     女性の目で観無量寿経をストレートに読めばそう感じる。しかし今私たちの耳に入るのは、お経には説かれていない彼女の加害の可能性を掘り起こして、「高慢で愚かな女」が浄土の教えに目覚めていく物語になっていると感じるのは私だけだろうか。そういう相手に説かれたお経だから、最初の方に説かれている教えは、できないということを知らしめるためだと解釈する。なるほど高慢で愚かであろう現代人にはそれが当てはまり、深い意味をくみ取った解釈が開いた世界はたいへん重要なものであるかもしれない。

    しかしはたしてそれがすべてなのだろうか?語られた教えの対象は誰なのか。

     

    善思念之。如今者。為未世一切衆生煩悩賊之所害者。清淨業。」(大谷は真宗聖典96ページ)

     

     読み下しは、「かに聴き、かに聴け。くこれ思念せよ。如来いま、未来世の一切の衆生の煩悩の賊のために害せらるる者のために、清浄の業を説かん。」とある。そこにはイダイケを超えて、未来に生きる一切の衆生の、煩悩の賊に害せられる者のために説くと書かれている。害せられる者、つまり「被害者」という立場に立たされる者のために、と宣言するかのように明らかにされている。

     

     大谷派ではそこの意味を「煩悩に害せられる」と解釈する。煩悩を賊に見立てるのだ。自分で自分の煩悩に害せられていると。しかしその前にイダイケは、アジャセに害せられているのではないのか。素直に読めば、煩悩賊とはアジャセのように煩悩で賊になってしまった者というように解釈されるのではないだろうか。事実アジャセが母であるイダイケを殺そうとしたのは事件の核心部分だ。なぜそこから焦点がずれて、殺されそうになったイダイケが、自分の煩悩に害せられているということをクローズアップするのか。煩悩に害せられているなら、「賊」はいらないのではないか。「他人に危害を加えたり、他人の財物を奪ったりする者(人間)」のことを指す「賊」が「煩悩」のことになる根拠は何なのか。この字は観無量寿経ではアジャセの言葉として前出している。

     

    「我が母はこれ賊なり。賊と伴たり。」聖典90ページ

     

     こういう使い方が「賊」というものだとすれば、それは人間のことで、煩悩で賊となった人間。そう読むのが順当ではないのか。賊とは人を害する「加害者」で、「加害者」が存在するということは、それに害される「被害者」が存在する。「被害者」になるということは、悲しみと怒りでいっぱいになるということだから、イダイケが何に悲泣雨涙し、自ら瓔珞を絶ち、身を挙げて地に投げ、号泣したのか想像に難くない。

     

     自分の欲のために仙人を殺し、恐れのために我が子を殺すような王との関係において、表現すれば排除されるに決まっているその痛み、悲しみ、苦しみは抑圧され「経験」されず、であるからこそ感情は凍りのような塊となり、何らかの形でその人の障りとなる。それがどのように「働く」かはその人の状況によって様々だろう。それまで痛みを「経験」せずに生きてきたとすれば、イダイケの場合王の妃としてそれ相応の権力を持っていることで、誰かに対して同じ痛みを味わわせてきたかもしれない。自らがそれを「経験」せず、相対化することがなければ、それを受け入れて、そのように生きてしまうのだから。連鎖する行い。業。

     

     イダイケにとって、悲泣雨涙し、お釈迦様の前で自ら瓔珞を絶ち、身を挙げて地に投げ、号泣したとは本当にたいへんな転換点だった。お釈迦様のイダイケに対する深い理解、共苦、慈悲のまなざしがなければ決してそれは起こり得ないような、吐露。お釈迦様は自分に向けられたイダイケの問いも、真向いになって受けとめられた。自分のいとこであり弟子でもあるダイバダッタが目の前の女性に与えた苦しみに痛みを感じられたのではないのか。

     

    しかしそれは、愚痴が終わるまでただ黙って聞いておられたと、私は聞いてきたが。イダイケの苦しみは愚痴として受けとめられるべきものなのだろうか。もしそれが愚痴であるとして、愚痴とはそうやって止むものだろうか。あらためて思う。なんと冷たい解釈なんだろう。

    お釈迦様がイダイケの苦しみにどのように向き合われたのか、それはまだ共有されていないと感じる。

     

     これまでとは違ったイダイケ像、そしてそれを受け止めたお釈迦様の態度。その、違った視点で観無量寿経を読むとき、これまで見る事のなかったイメージが現れてくる。

     その後に説かれる定善は、心身が傷ついて千路に乱れる苦しみを抱え、少しでもそこから逃れたいと願うものであれば、この観がいかに働くものであるかがわかるだろう。苦しむ人は悟りたいなどとは思いはしない、ただただ楽になりたいと、助けを求めるのだ。その視点から見る時、仏陀のいない世において、被害者が心を落ち着けさせるために、太陽や、水や、大地という、自分自身のいのちの根源に思いを馳せることが救いとして伝えられたとはかんがえられないだろうか。「もろもろの譬」として、私たち凡夫の想像できる、太陽や水や大地、樹、建物、池、蓮…によって極楽の情景を心に映して行かれる釈尊。その声のひびきはどれほどの癒しを与えただろう。経を聞く、そういう形で伝わってきた仏の教え。そのすべてに尊い働きがあると考えるべきではないのか。

     

     それが、やはりこれも譬として、「生死の罪を除く」という。苦しみからの解放の方向性を与えられること。その経を聞き、それに浸り、深い理解と慈悲に遇う。これは「被害者」にとって、一つの転換点なのだと思う。被害に遭うとは自分の無力を突きつけられることだ。自分が自分を守ることができない経験は無力感を大きくさせる。そこから、自分の感情をしっかりと経験し、続いて確かな教えの道を示され、その方向に心を向けることは、自分の力を取り戻していく第一歩になるのではないだろうか。教えの対象はイダイケだけではなく「未来世の一切の衆生の煩悩の賊のため害せらるる者」だということを忘れないでいたい。イダイケはその時点では、お釈迦様と諸仏如来の力でもうすでに救われるのだから。イダイケはこれから先の人々のためにも、教えを請い、教えを聞いているのだ。

     

     

     イダイケはなぜ阿弥陀仏の浄土を選んだのか。それを深く考えたことはなかった。しかし311以後の世界に遭い、現実が私に知らせてくることが尽きない中で考えざるを得なかった。葛藤という苦悩。重さに満ちた生。

     

     イダイケは葛藤の中にあり、それをどうすることもできなかった。逆にそれをますます深いものにしたのかもしれない。解決する力を持った主体ではなく傍生としての人生。息子が生まれるときには、夫が彼を殺せと言い、その息子が今度は夫を殺さんとする。しかもそれに抗えば、自分までも殺されんとする。これに対し、「苦悩する」存在がイダイケだ。身動きの取れない大きな葛藤をずっと抱えて生きてきたのがイダイケだ。息子も夫も見殺しにはできなかった。しかし解決する力はなかった。「他者に命じて殺し合う」者同士の対立の中で、何とか自分の身近ないのちが生きられる道を探しつづけたのではないのか。でもその努力は破たんした。だから、救いの世界として、ともに救われる阿弥陀仏の浄土を選んだのではないのか。お釈迦さまを喜ばせた選択。

     

     対立するものが共に生きることのできる浄土という世界が、葛藤の中にある苦悩に救いをもたらすこと、葛藤の凝縮する今に、生きる方向をもたらすこと、をイダイケは感じとったのではないのか。

     

     

    川内原発再稼働強行の日 2015年8月11日に

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • なかにし礼さんが詩 若者よ、戦場へ行くな
      もり (05/25)
    • Sくんが教えてくれたこと。。。脈を数える
      sachi (02/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM